身近な森・川・海で、ふんわり自然を楽しみましょう

OSAKA-Zohei_shi

a:390 t:1 y:0

さ行

(記事中のカッコ内【文章】は、造幣局に置いてある冊子からの引用です。)

シオガマザクラ   (塩竈桜)

シオガマザクラ(塩窯桜)

局内に2本存在、北B-3/北E-2
花弁数:35-50枚
色:淡紅色
咲き方:雌しべが緑色葉化している

【仙台塩竈神社にあった八重桜で、大輪の花が密生して咲く。縦しわがあり、
先端は切れ込みが多く、雌しべが緑色葉化している。】

見ごろの時期: 
通り抜け開催期間の中頃がお勧めです。

2015年
↑2015年4月9日(初日)撮影↑
↓2015年4月11日撮影↓
2015年
↓2016年4月9日撮影↓
2016年

2016年

2016年

シズカ       (静香)

シズカ(静香)

局内に2本存在、南D-2/南M-1
花弁数:15-20枚
色:白色芳香

【北海道の松前町で「天の川」と「雨宿」との交配で選出育成】の品種。

天の川は、こちら→アマノガワ(天の川)
雨宿 は、こちら→アマヤドリ(雨宿)

見ごろの時期:
充分、最終日にも花が残っていました。前期はどんな様子か、次回確認してみようと思いますが、おそらく期間中ずっと綺麗なのでは、と思います。

↓2015年4月15日撮影↓
2015年

シダレザクラ    (枝垂桜)

シダレザクラ(枝垂桜)

局内に2本存在、北L-6/北M-10
色:淡桃色
咲き方:一重

【彼岸桜の突然変異品種で、幹の高いところから枝が横に広がりそれより細い枝が長く垂れ下がって誠に優美】
2015年はアマヤドリの満開を撮影できましたが、このシダレザクラは、実(み)ができています。通り抜けの開催以前に散るのではないでしょうか?
来年は、早めの撮影にトライしようと思います。

見ごろの時期:
一重なので、早い時期に咲き終わると思います。次回は開催初日に残っているかを確認してみますが、おそらく開催時期よりも前に満開時期があるのではないかと
思います。

↓2015年4月13日撮影↓
2015年
2015年

シバヤマ      (芝山)

シバヤマ(芝山)

局内に2本存在、北F-7/北J-17
色:極淡桃色→開花後白色少し香り
咲き方:一重

【東京荒川提にあった一重の桜】

見ごろの時期:
早めがお勧めです。

↓2015年4月9日(初日)撮影↓
2015年
2015年

ジュウロクニチザクラ(十六日桜)

ジュウロクニチザクラ(十六日桜)

局内に1本のみ存在、北J-4
花弁数:35-50枚
色:白色

【松山市の龍隠寺(廃寺)にあった桜で、桜の花を見ずにシヌのは心残りという病父の望みをきいて、孝子吉平が桜に記念したところ、旧暦正月16日というのに桜を咲かせたという伝説のある桜】

見ごろの時期:
最終日に完全に終わって、実(み)がなっていましたから、見ごろは開催時期より前ではないかと思います。

↓2015年4月15日撮影↓
2015年

シュジャク     (朱雀)

シュジャク(朱雀)

局内に3本存在、北A-18/北E-10/南B-1
花弁数:10枚程
色:淡紅色、外弁やや濃紅
咲き方:やや垂れ下がって咲く

【昔、京都朱雀にあった有名な桜。やや垂れ下がって咲く】

見ごろの時期:
560mは短い距離だと思いますが、それでもどうやら北のエリアのほうが花が長く持つようです。南の花が散り始めていても、北の樹なら、まだ満開です。

↓2015年4月11日撮影↓
2015年2015年

ジュズカケザクラ  (数珠掛桜)

ジュズカケザクラ(数珠掛桜)

局内に2本存在、北J-21/南I-4
花弁数:200枚
色:淡紅色

【新潟県京ヶ瀬村の梅護寺にある桜で、親鸞聖人が桜の枝に数珠をかけられた
という故事からこの名がつけられた】

新潟県京ヶ瀬村にある梅護寺(ばいごじ)の産で、親鸞聖人が枝に数珠をかけた
そうです。

見ごろの時期:
最終日でも満開ですが、中ごろが美しいのではないでしょうか。

↓2014年4月16日撮影↓
2014年
2014年

ショウキ      (鍾馗)

ショウキ(鍾馗)

局内に2本存在、北O-9/南D-1
花弁数:30-40枚
色:淡紅白色

【東京荒川提にあった】鍾馗さまと名前が同じなのは、どうしてでしょう。
名前とかけ離れて、たおやかな花ですね。

見ごろの時期:
前半がいいと思います。

↓2014年4月17日撮影↓
2014年

ショウゲツ     (松月)

ショウゲツ(松月)

局内に10本存在、北E-5/北I-4/南D-6など
花弁数:25枚
色:最初淡紅色→白色
葉化雄しべがある。

【東京荒川提にあった名桜で、平野神社の平野撫子に似ている】
白くて綺麗な品種です。

2014年
一部に枝変わりと思われる菊咲きの枝があったので、造幣局に問い合せました。
既に花が散って確認はできなかったものの、また見守ってくださるとのこと。

2015年
変わった咲きかたの枝を楽しみに行きましたが、ありませんでした。
手入れなさったのかな?

見ごろの時期:
開催期間の中頃に行くと、桃色のツボミも見られて綺麗です。

↓2014年4月16日撮影↓
2014年枝変わりか?2014年
↑2014年4月16日撮影↑
↓2015年4月11日撮影↓
2015年2015年

シラユキ      (白雪)

シラユキ(白雪)

局内に2本存在、北A-16/北F-11
花弁数:30-40枚
色:淡紅白色大変深い、よい香り
咲き方:一重

【東京荒川提にあった里桜系の名花で、花つきが多い優美な品種】

見ごろの時期:
早めがいいと思います。
造幣局の冊子には記載がなかったのですが、オオシマザクラと勘違いするほどの
香りがして、なおかつオオシマザクラより深い強い匂いでした。

↓2015年4月9日(初日)撮影↓
2015年2015年2015年

シロタエ      (白妙

シロタエ(白妙)

局内に2本存在、北B-2/北G-5
花弁数:10-15枚
色:白色

【東京荒川提に移植されたオオシマザクラ系の里桜の一種】

見ごろの時期:
花弁数が少ないので早目がいいと思います。

↓2015年4月9日(初日)撮影↓
画像の説明

シンデン      (心田)

シンデン(心田)

局内に1本のみ存在、北A-24

【京都嵯峨野の天龍寺にある塔頭慈済院(じさいいん)の玄関脇の桜で、御所の
御車返の一種。慈済院の官主、稲葉心田の名前から、この名がつけられた】

エリア「北A」の奥にあるので、いつか昼に望遠鏡を持って探しにいこうと思っていました。2016年ようやく実行。

ひとえの桜なので、すでに散っていてもおかしくないのに、2016年は寒さが長く続いたお陰で花を観察することができました。

↓2016年4月9日撮影↓
2016年

2016年

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional