身近な森・川・海で、ふんわり自然を楽しみましょう

OSAKA-Zohei_ta_chi_te

a:364 t:1 y:0

た行 た・ち・て

(記事中のカッコ内【文章】は、造幣局に置いてある冊子からの引用です。)

た行た

タイザンフクン    (泰山府君)

タイザンフクン(泰山府君)

局内に3本存在、北L-1/南C-6/南K-3

【東京荒川提にあった桜。花が散るのを惜しんで泰山府君(中国の泰山の神)を
祭り、花の命を長らえたと言う故事から、この名に】

数年のあいだ、すでに散っていると思っていましたが、最終日に向けて満開になるようです。

見ごろの時期:
後半だと思います。また次回、確認しておきます。

↓2015年4月15日撮影↓
2015年

タイハク       (太白)

タイハク(太白)

局内に1本のみ存在、北D-30
色:白色
咲き方:一重の大輪

【日本で品種がなくなり、昭和5年イギリスの桜の収集家イングラム氏から接穂が寄贈され、佐野籐右衛門氏が接木育成したもの】

見ごろの時期:
一重ですから開催初日であっても散っているかもしれません。

↓2015年4月11日撮影↓
2015年2015年

タオヤメ       (手弱女)

タオヤメ(手弱女)

局内に2本存在、北D-23/南H-2
花弁数:15-20枚
色:淡紅色
咲き方:中輪

【京都平野神社境内にある桜で、花びらを内に抱えるような形となり美しい桜】

見ごろの時期:
こちらも開催初日でも見ごろは過ぎているかも知れません。

↓2015年4月11日撮影↓
2015年

タカトオコヒガンザクラ(高遠小彼岸桜)

タカトオコヒガンザクラ(高遠小彼岸桜)

局内に2本存在、南E-1/南O-3
咲き方:一重

【長野県高遠町の高速城址にある県天然記念物に指定されている桜。枝が見えなくなるほど花をつける。】

見ごろの時期:
一重なので、開催初日であっても散っているかと思います。
→2016年の初日に行きました。予想通り花びらは少ししか残っていませんでした。

↓2015年4月15日撮影↓
2015年
↓2016年4月8日撮影↓
2016年

タキカオリ      (瀧香)

タキカオリ(瀧香)

局内に2本存在、北A-3/南A-1
色:蕾は淡紅白色、花は白色芳香
咲き方:時に旗弁あり

【東京の荒川提にあった桜で、時には旗弁(きべん)がある】

見ごろの時期:
前半がおすすめです。

↓2014年4月16日撮影↓
2014年
↓2015年4月9日(初日)撮影↓
2015年

タグイアラシ     (類嵐)

タグイアラシ(類嵐)

局内に1本存在、北C-1

た行ち

チハラザクラ     (千原桜)

チハラザクラ(千原桜)

局内に2本存在、北A-8/北K-3
咲き方:1本の小枝に一重と八重が咲き乱れる

【淡い緑を含む白色の花弁は、ソメイヨシノの1.5倍と大きく、1本の小枝に一重と八重とが咲き乱れる様は、誠に見事である】

た行て

テマリ        (手毬)

テマリ(手毬)

局内に1本のみ存在、北L-2
花弁数:十数枚
色:淡紅色
咲き方:八重咲

【古くからの桜で、江戸期の園芸書『花壇網目』に記述があるとされている。
花がまとまって付き、てまりの様になる】

見ごろの時期:
開催期間の中ごろがおすすめです。

↓2015年4月13日撮影↓
2015年
2015年

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional