身近な森・川・海で、ふんわり自然を楽しみましょう

azur

a:677 t:1 y:0

兵庫県 アジュール舞子(まいこ)

公募で命名されたアジュールとは、フランス語でを意味する azur です。

子どもがいっぱいの一斉調査

いつも盛況の【大阪湾生きもの一斉調査】
可愛らしい人たちが、バケツや網を持って集います。

今から始まるヨ
盛況
海藻と小さな子

真っ白な一日

JR舞子駅から明石海峡大橋を見上げると霧に包まれている様子でした。
肌には霧吹きをしたような感覚です。

散歩中の女性が今日は濃い霧だと話しかけてくださり、
移情閣(いじょうかく)前では男性が、こんなことは初めてだと話しかけます。
黄砂(こうさ)というかたもおり、別のかたは、
水上警察が「濃霧に注意」とアナウンスしていたと教えてくださいました。
皆さんが話題にしたくなるほど「常に無い風景」ですね。

霧の舞子駅前 かすむ移情閣 向かい側もかすむ
↑9:51       ↑9:55       ↑9:56
消える明石海峡大橋 かすむ東側の浜 あるかたが「幽霊船が出て来そう」って。
↑9:58       ↑10:03       ↑10:26
現場に来てから1時間後もかすむ ランチタイムもモヤの中 まだかすむ淡路島
↑10:49       ↑12:07       ↑14:30

ニッポンウミシダ

棘皮動物門 ウミユリ綱 ウミシダ目 クシウミシダ科 Oxycomanthus japonica
撮影: 2014年 5月 兵庫県

ニッポンウミシダは、この浜で初記録のようです。
水中撮影をすれば良かったのに、カメラの後始末を考えてしまって実行できなかったのが心残りです。今度からはアクションアクション!

ニッポンウミシダ
ニッポンウミシダ

アメフラシ

子ども達に人気のアメフラシは、紫色の液を出します。
バケツが紫色になっているところから、液を出していることやアメフラシだと一目瞭然ですね。アマクサアメフラシだと水は紫に染まりません。

アメフラシの紫の液 アメフラシは子ども達の人気もの

移情閣前で

移情閣の門をくぐった建物前まで行けば絶滅危惧種のハマナスがあります。
(通常、希少種の生育地は非公開にしますが、移情閣前のは植栽です。)

移情閣前のハマナス 移情閣前のハマナス

移情閣の記事は、こちらへどうぞ arrow ニコッ!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional