身近な森・川・海で、ふんわり自然を楽しみましょう

christmas

サンタのトナカイ

a:2422 t:2 y:2

[画像の多くはクリックすると拡大できます]

サンタさんカラマツのリース

トナカイつき

六甲山系でカラマツの実をゲットするのはあまり簡単では
ありませんが、中央の茶色のは摩耶山で入手しました。
山上に「掬星台(きくせいだい)」という展望台があります。
その西側にターザンブランコが目印の子どもの遊び場があり、
カラマツが3本。強風の吹いたあとがお勧めです。
素材は他に、

  1. あらかじめ脱色された購入品のカラマツ
  2. 長い間どこに使うか思いつかなかった楽器の飾り
  3. オレンジ色の実(人工物)
  4. トナカイのオーナメントです。

楽器やオレンジ色の実のようなプラスティック製品と自然物をマッチさせるのは
苦手なのですが、脱色された実とは合わせ易いのだと分かりました。
カラマツのリース

2014年12月22日着手、12月23日完成


IRA_santa.gif カキの貝殻オーナメント

カキの貝殻オーナメント

カキの貝殻で、オーナメントを作ってみました。

須磨海岸ではカキ・ウチムラサキ・ツメタガイの貝殻がよく打ち上がりますが、このカキShellは「ヒモでつないで販売されていた食用」を使いました。

音の鳴る本物の鈴や鐘をつけたところ、触ったり当たったりするとチリンと鳴って、とても楽しい作品に仕上がりました。

作りかた
 貝殻に銅色の塗装をし
 天使やサンタさんのオーナメントをリボンでつり
 それぞれの頭部に、鈴(大・小)・鐘・リボンなどをつけます
 次に3本の糸にビーズを通したものを用意し
 適当にたるませて貝殻につけます

2013年11月16日着手・12月16日完成


サンタさん三連のリース

三連のリース

アメリカフウの実を、300個ほど拾って来たので、
当分のあいだは、リースの土台にしている部分の素材には困りません。

【天使のリース】
【緑の鈴のリース】
【サンタクロースのリース】を作成して、つなげました。




作りかた
3つのリースに共通する手順
 錐(きり)で、アメリカフウの実に穴を開ける
 ビニールコーティングをした針金に、アメリカフウの実を通す
 アメリカフウの実を丸く輪の形にしたら、実が外れないよう針金の先をねじる
 針金の先を、ケガをしないように始末しておく
 メタセコイアを金色に塗装しておき、木工ボンドでつける
 2段目と3段目の土台には、頭にヒマラヤスギを置き、サルトリイバラを散らす
 ナンキンハゼの実を、3個のタネが外れないように木工ボンドで接着しておく
 アメリカフウの実と実の間にナンキンハゼをバランスよく配置して着ける
 金粉スプレーを塗布する

3つのリースそれぞれの仕上げかた
1段目【天使のリース】
 天使の頭についている「吊るパーツ」にリボンを通す
 リボンをリースの土台にかけて、裏で結んで固着する

2段目【緑の鈴のリース】
 2cm角の角材を2cmに切る(立方体の箱を切り出し「プレゼントの箱」に)
 普段から「小さなプレゼント」の仕上がり図に合う「絵柄の紙」を置いておく
 →その紙で、立方体の木の箱を包む
 包んだ箱にリボンをかけて「プレゼントの箱」として仕上げる
 プレゼントの箱、鈴、リボン(結んだ形状)を、吊るすリボンに結ぶ
 リースの土台にリボンを吊るし、裏で結んで固着する

3段目【サンタクロスのリース】
 サンタクロスの頭についている「吊るパーツ」にリボンを通す
 リースの土台にリボンをかけて、裏で結んで固着する

1段目【天使のリース】 2段目【緑の鈴のリース】 3段目【サンタクロスのリース】


サンタ配布中つるを編んだキラキラのかご

クズで編んだかごオーナメント

クズで編んだかごです。
少し大きく編み過ぎたと思っていたのですが、
ニスを塗り、
電飾をからめて、
中にオーナメントを置いてみると、
ピッタリの大きさで、良い感じに出来上がりました。





サンタさん天使のオーナメント(赤)

天使の額(赤)

元町にある画材屋さんのワゴンには、時々、掘り出し物が出ます。
この赤い額も、ある日のバーゲンで手に入れたものです。

写真や絵を飾る部分に、木のみを敷きつめて、中央に天使のオーナメントを置いてみました。額の色が綺麗だから、とても綺麗な作品に仕上がりました。

2004年頃の完成


サンタ配布中天使のオーナメント(緑)

天使の額(緑) 天使の額(緑)

元町にある画材屋さんのワゴンセールで手に入れた額に、【赤】の額と同じ方法で、真ん中に木の実を敷き詰め、天使を置きました。

天使の周囲に「輪」ができるよう工夫しています。

2004年頃の完成


サンタ配布中自転車のサンタさん

画像の説明

自転車に乗るサンタさんのカゴは、最初は空でした。

プレゼントの箱をたくさん作って、乗せてみました。

箱を乗せてみようと考えたのは2006年の11月なので、完成したのもその頃だと思います。


サンタ配布中ヒノキのピラミーデ

ヒノキのピラミーデ

【ヒマラヤスギのピラミーデ】に引き続いて、【ヒノキのピラミーデ】を作ってみました。

いつも初めて作る作品は完成を急ぐあまりに落ち着いて作らず、必ずどこかに不満が残ります。

1作目の【ヒマラヤスギのピラミーデ】も、下地塗りに時間を使わなかったことと、実を急いで着けたので、仕上がりの完成度が高くありません。

こちらの【ヒノキのピラミーデ】は、それらの反省点を生かしました。
地味だけれど、気にっている作品です。

2006年12月27日発案・2007年2月2日着手・2月10日完成


サンタ配布中ヒマラヤスギのピラミーデ

ピラミーデ

これは初めて作ったピラミーデです。

私にとって貴重なヒマラヤスギの球果が、ある年200個ほど拾えたので、思い切って使ってみることにしました。

最初、一種類の木の実だけを使って作るのは何か工夫が足りないように感じて抵抗がありました。

けれどもトロッケンゲビンデの本を何冊か調べてみると、一種類の実にこだわった作品や、多種類の実を混ぜた作品のほかに、人工の実を利用した作品など、様々なピラミーデがあることが分かりました。

この作品はよく見るとあちこちに「あら」が残っていて完成度は高くないのですが、
子ども達とヒマラヤスギをあふれるほど収穫した、あの楽しい場面を思い起こす
記念の作品なのです。

作りかた
グルーで実を固着
ホワイトのラッカーで塗装
オフホワイトのラッカーで二度目の塗装
金粉を塗装

画像の説明

2006年完成


サンタさん 冬の楽しみ(布製)

冬の楽しみ
 2012年12月完成
(製作に必要な作業時間: おおよそ11時間30分)

▼作り方▼

a. 中央の刺繍(所要時間:約120分)
 まず、中央に刺繍をします。
 家庭の歴史にもなりますので、完成した年数を入れておきます。
 子ども達の名前など、好きな文字を刺繍してください。

b. パーツ製作(所要時間:約7時間)
 トナカイなど6個のパーツを作ります。
 (作り方は、このページの末尾をご参照ください。)

c. パーツ固定(所要時間:約15分)
 トナカイなど6個のパーツを、「a」に縫い付けます。

d. 生地の仮どめ(所要時間:約10分)
 「c」を表面にして、中綿と、裏面の布を合わせ、マチ針を打ちます。
 この3枚を、真ん中から端へ向かって、放射状にしつけ糸で仮縫いします。
 始点に玉留めをしてから仮縫いし、終点には玉留めをしません。

e. 周囲のふち取り(所要時間:一辺30分,四辺約2時間)
 6cm幅に切った細長い布(※A)を裏向けて、「d」の四辺と縫い合わせます。
 一辺ずつを四回、繰り返し、一周します。
 表面で端から1.5cm幅で一辺を縫い終わったら(※A)を表返し、
 ふちを折り込みながら「d」の裏布に、しつけ縫いをしていきます。

f. 仕上げ(所要時間:約1分)
 「d」で表布・中綿・裏布を仮どめした「しつけ糸」を、
 玉留めした方から抜きます。

完成!


サンタ配布中トナカイの冬(木製)

トナカイ壁掛け(木製) 1999年完成
(製作に必要な作業時間: おおよそ8時間(枝拾いの時間は含んでいません。))

▼作り方▼

a. トナカイなど6個のパーツを作ります。
 (作り方は、このページの末尾をご参照ください。)

b. 木の枝の両端に穴を開け、麻紐を通しておきます。

c. トナカイなど6個のパーツを、ぶら下げます。

完成!


サンタさん 赤ちゃんピエロの壁飾り

ピエロの壁飾り 赤ちゃんピエロ
(写真上:ピエロの壁飾り / 写真下:須磨海岸の小さな貝殻やヒトデの額)

日本に一次住んでいたハワイの友人が、ホームパーティに呼んでくれた。
集まった参加者の中の女性から、ピエロの作り方を教えて頂いた。

そのかたが教えて下さったピエロは、もっと大きかったけれど、手足のパーツの数を減らしてみたら、可愛らしい子どものピエロが出来上がった。

作り方は、時間ができたら、型紙と共にpdfにして、ダウンロードできるようにしたいと思っています。


サンタ配布中 チシャ猫の壁飾り

チシャ猫の壁飾り

handsの既製品を買って、作ってみたのは1994年頃だったろうか。
その頃、小さかった娘は三日月を見ると「チシャ猫が『ニ~ッ』と笑ってる~!」と大笑いしていた。

この作品の左端のツリーには、彼女が喜ぶように、『不思議の国のアリス』に出て来るチシャ猫を、こそっとデザインに入れてある。

他の図柄は、すべて hands が望んだ通りのデザインを踏襲して完成させた。


▼共通する6個のパーツの作り方▼

1. プレゼント(製作所要時間: 約20分) 

 材料: 赤色フエルト×2枚、緑色リボン
  • 赤いフエルトを長方形に切り、周囲を同色刺繍糸で縫います。
  • リボンをくくる要領で結んで、結び目を同色糸でとめておきます。



2. 雪だるま(製作所要時間: 約120分)   

 材料: 肌色フエルト×2枚/青色フエルト×2枚/マフラー用毛糸60cm/真珠ビーズ×3個/紺色ビーズ×2個/紺色長ビーズ×2個
  • 肌色フエルトに、目・鼻・口・ボタンのビーズをつけます。
  • 雪だるまの周囲を刺繍糸で縫っていきます。最後の2cmくらいまで来たら、
    中に綿をつめ、ふくらみが出たら、最後まで縫い終わります。
  • 青色のフエルトでバケツの帽子を作り、中綿を入れ、雪だるまに縫い付けます。
  • マフラー用の毛糸を三つ編みし、雪だるまにくくります。



3. クリスマスツリー(製作所要時間: 約120分)

 材料:緑色フエルト×2枚/ビーズ金・白・赤・緑各適量/真珠ビーズ複数個/星型スパンコール×1個/ビーズ用透明糸
  • 緑色フエルトに、真珠ビーズを散らしてつけます。
  • ツリー表裏の周りを縫い、最後の2cmくらいまで来たら、中に綿をつめ、
    ふくらみが出たら、最後まで縫い終わります。
  • 上から三段階になるように、糸を張りながら、ビーズを通して行きます。
    適当なバランスで、たるみがつくように拠点拠点を縫います。
  • 最後に頂点に星型スパンコールを縫い付けます。



4. ジンジャーブレッドボーイ(製作所要時間: 約40分)

 材料:肌色フエルト×2枚/ビーズ3色
  • ボタン用のビーズ3個をつけます。
  • 刺繍糸を使い、ランニングステッチで目と口を描きます。
  • しょうがパン坊やの体を縫い合わせ、最後の2cmくらいまで来たら、
    中に綿をつめ、ふくらみが出たら、最後まで縫い終わります。



5. 靴下(製作所要時間: 約20分)

 材料: 緑色フエルト×2枚/赤色フエルト(リボン型)/緑色ビーズ
  • 赤色フエルトを、リボン型に切ります(断ち切り)。
  • 緑色フエルトにリボンをつけ、ビーズで装飾します。
  • 裏と表を縫い合わせ、最後の2cmくらいまで来たら、中に綿をつめ、
    ふくらみが出たら、最後まで縫い終わります。



6. トナカイ(製作所要時間: 約120分)

 材料: 茶色フエルト×2枚、針金2本(#26)/ベージュフエルト×2枚/鈴(できれば音のなるもの)×1個、緑色モール×1本/群青色ビーズ×1個
  • 断ち切りしたツノ型に、ボンドで針金を固着させておきます。
    トナカイの頭部分に差し込むので、根元2cmくらいをはみ出させます。
  • 群青色のビーズをつけ、トナカイの目にします。
  • ツノを適した場所に差し込んだ状態で、トナカイの頭部分を縫い合わせます。
    最後の2cmくらいまで来たら、中に綿をつめ、ふくらみが出たら、
    最後まで縫い終わります。
  • 鈴をぶら下げる穴にモールを通し、首に回し、裏側でねじります。
    モールが頭部フエルトからずれて外れないよう、裏側と鈴の後ろの辺りで、
    頭部の裏面に縫いとめます。

これで、パーツは完成です!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional