身近な森・川・海で、ふんわり自然を楽しみましょう

matogata

a:750 t:1 y:1

兵庫県 的形海岸(まとがた)

おもしろい生きものがいっぱいの浜でした。
(画像の多くは、クリックで拡大できます。)

ツメタガイ卵塊質感 動画 arrow ニコニコ

面白いモノを教えてもらいました。ツメタガイの卵塊です。
砂のお茶碗に見えるから「砂茶碗」というんだそうです。面白いですネ!
この日あちこちに打ち上がっているものと、海底にあるのが見えました。

(クリックで拡大できます)
初めて見る砂茶碗 子ども達がどんどん持ってくる 打ち寄せられた砂茶碗
卵塊の断面 卵塊の表面 海の中の砂茶碗
砂茶碗:ツメタガイの卵塊 砂茶碗の海底側 砂茶碗の海底側
面白い形 潮が干上がった海底の卵塊

アミメキンセンガニ動き 動画 arrow ニコニコ

エビ目 カニ亜目 カラッパ科 Matuta planipes

甲羅も脚も全体に黄色く名前のとおりに、網目があります。
上の動画でも見られますが、いずれの脚も遊脚(ゆうきゃく)になっています。
※ 遊脚: ガザミなどは、5番目の脚が泳ぎやすいヒレ状になっています。

アミメキンセンガニ

タマシキゴカイ卵塊 動画arrow ニコニコ

タマシキゴカイの卵塊 ふん(あちこちに練り歯磨きしぼりが!) ふん

オニオコゼ腹びれ動き動画 arrow ニコニコ

上のリンクをクリックして頂くと、動画でオニオコゼが腹びれで這うようすと、
バキッとしたオレンジ色の胸びれの裏を見ることができます。

オニオコゼ

フサコケムシ

とても不思議…海藻に見えますが団体で暮らしている動物で、一節ずつが個体なんだそうです。
隠れているワレカラが見えるでしょうか?たくさんいました。

フサコケムシ フサコケムシとワレカラ

軟体動物

上:アサリ/下:オニアサリ 左:カミナリイカのShell/右:コウイカのShell バカガイ:白さは磨耗ではなくこの浜のは白い
カガミガイ ヒメシラトリガイ

海浜植物

ハマボウフウ、ハマヒルガオ、ハマゴウ、コウボウシバ、コウボウムギ、ツルナ、
ハマダイコンが砂浜にあり、
東の岩場にオカヒジキ、ハマナデシコ、ハマボッスが育っていました。

ハマナデシコ ハマボッス

アゾラ・クリスタータ

赤い舗装道路

赤い舗装道路にそっくり!
道に見えます?ここは水路です。まるで赤い舗装道路のように特定外来生物が繁茂していました。
ここを通る子ども達はみな気になって仕方がないのでしょう、「水?」と言いながら、ボトン、ボトンと小石を投げ入れていました。

アゾラ・クリスタータ アゾラ・クリスタータ アゾラ・クリスタータ
拡大画像

海辺の様子

的形海岸の東側エリア 的形海岸の南 的形海岸の西側エリア
的形海岸の西端から見た東の丘 的形海岸の西の端からみた浜 的形海岸の西の端

丘の道 パラグライディング
かなり急な傾斜のようですが、小道が見えました(黄色のライン)。
この上がパラグライダーのスタート地点になっているようです。

磯の様子

東の端の突堤の向こうに磯がある 突堤の東 磯場

次の写真は潮が引いていく様子です。

潮が引く前 潮が引く前
潮が引いてから 潮が引いてから

アマモ

オモダカ目 アマモ科 雌雄同株
別名: 龍宮の乙姫の元結の切り外し

この浜には、アマモが繁茂していました。
じっくり見ると、根元にキサゴなどの貝類がついていたり、卵のような白いものが点々とついています。(アマモのタネもこんなふうに着くようです。)

葉のヘリには、イギスが付着していました。
イギスは、テングサやオゴノリのように寒天みたいな食べ物になります。

茶色い藻のようなものはイギス
↑茶色い藻のようなものは付着しているイギスです
白い卵が並ぶ
↑白い卵が並んで付着しています

アマモは、いったんは陸上植物となり再び海の中に戻った種子植物です。

海辺でニラのような葉が打ち上がっていたら、観察してください。地下茎でつながっており、それを噛むと甘味がするそうです。

海藻(かいそう)と同じ読みなので、区別するために「うみくさ」と表現する人もいらっしゃいます。

ルート

1. 山陽電鉄「的形」下車
2. 駅を出て海側に進み一つめの信号を渡って右方面の1本目を左折(海側へ)
3. 西農協のほうへ向かい、次は海側の的形小学校を目指します

左手のお宅の鳥の隅飾り 左側の道を選ぶ 右手のおうちの瓦

4. 的形小学校前を西へ進み
5. 瓦の隅飾りが鳥になっている日本家屋のところを左手の道へ進み
6. 的形幼稚園の突き当りを右折
7. 側溝に沿って歩くと左手に岸本建築さま
8. 岸本建築さまを左折し、そのまま真っ直ぐ左手の道を進み
9. 窓の無い白い4階建ての家が見えるので、突き当りを左折
10. そのまま道に沿うとアゾラ・クリスタータの水路。海はすぐ先です


次に的形に出かけるときの持ちもの
じょれん、熊手、バケツ、スコップ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional