身近な森・川・海で、ふんわり自然を楽しみましょう

topics

a:749 t:1 y:0

Mahalo!
3/19ごろ、近くからキジバトの鳴き声がします…。
おや?と思ってベランダガーデンを見ると…Mahalo!のふだの向こうに
珍客
なんとなんと、キジバトのしっぽが見えました。
ここで営巣し始めたようです。
キリリと美しい姿
3/22、よく観たいと欲が出て…
近づきすぎて髪がクレマチスのつるに引っかかり…
「ガサっ」と音を立ててしまったら親鳥が逃げ、しばし戻らず…
「卵が冷えてしまうヨ…」と肝を冷やしました
ヒナ複数→ヒナ
4/2、親鳥の胸の辺りが見えたので驚かせないよう観察をやめ、
4/3、親鳥のしっぽが見えません。「どうしたのかな?」と
不安に思い、そっとのぞくとヒナが見えました。
愛らしいお尻のフワフワが、呼吸に合わせて上下する様子。
(写真には左手にフワフワしたボケた画像が複数)
上手に営巣
ツンツンとがったユッカと、チクチク痛いアスパラガス・スプレンゲリの近くに
上手に隠れて営巣しています
来てくれてありがとう
家族が優しい気持ちで暮らせる毎日を、ありがとう。

見つけました!

2014年の【大丸心斎橋店 夜間特別見学会にて、
建物の中にワシやペリカンがいると聞き、ワシはすぐ別の場所で見つけましたが、ペリカンは見つからず…

ぐるりと一周したり、トップのほうを探したりしましたが、分からず…
2015年、御堂筋の向かい側から双眼鏡で見ると、イチョウで見え隠れするところにペリカンが!とてもカッコイイです。

ペリカン発見!
南3羽はペリカン

美しい夕暮れでした。
ハワイ? いえいえ、近所のハワイ公園です。

hawaii

今年は7月2日にクマゼミの初鳴きを聞きました。もうすぐ夏です。
セミは9月10日にはピタリと鳴きやみますね。

羽化中のニイニイゼミ

写真提供:gosuke

コアジサシ

このところアジュール舞子で準絶滅危惧種のコアジサシが営巣しています。
2箇所にロープを張って保護されていますので、距離を取って観察してください。
海側を通るとストレスを与えるようです。砂浜側での観察をお勧めします。

写真提供:gosuke

オオデマリ
おととし家族入りしたオオデマリが、昨年は咲かずにスクスク株を充実させ、
4月下旬に初めて咲いてくれました。

コデマリは、桜の花びらと同じように1枚ずつハラハラと落ちるのですが、
オオデマリの花弁は花の形のまま落ちるんですね。フリージアの葉っぱの上に
花びらの川ができているのが目にとまり、綺麗な花びらがあちこちに絵を
描いてくれていることに気づきました。

↓咲き始めは黄緑色なんですネ↓
オオデマリ
オオデマリ
オオデマリ

トピックス
大阪造幣局で開催中の八重桜の「通り抜け」は今週水曜日(4/15)までです。

八重桜には自生類は少ないのですが、ここは350本に圧倒され見ごたえ抜群。
和風のボンボリと筆の立て札が趣をさらに美しく引き立てています。

ウジョウシダレ(雨情枝垂)
詩人 野口雨情さんの邸内にあったとのこと。
ウジョウ


サノザクラ(佐野桜)
桜守 佐野藤右衛門さんの庭にあるのを植物学の牧野富太郎さんが命名。
サノ

release Apr.2015
トピックス

昨夜は雨上がりの暗闇に、桜のはらはら散る姿が素晴らしい情景でした。
「散りぎわの美」という表現そのもの…家路を急いでいましたが、立ち止まって
しばらく桜吹雪の中に身を置いて今年最後の姿を楽しみました。

この画像は、いつも野鳥の写真をいただいている gosuke 様からです。

ヒヨドリ

ヒヨドリは公園などでよく見られる大変身近な野鳥ですから、見かけても
「いるな…」程度で歩いてしまいますが、実は日本にしかいない種類なのです。

見慣れた風景を「当たり前」に感じてしまいがちですが、ヒヨドリと桜は
とても綺麗なコンビネーションなんだと、改めてこの画像に気づかされます。

トピックス

桜

春の日差しがまぶしく輝いていますね。
自宅の周辺はオオシマザクラの並木道です。
桜餅に使われるこの樹の道は、いま甘い甘い甘い香りに満たされております。

【セミの抜け殻しらべ市民ネット】のお仲間から、キジの画像を頂きました。
濃霧のある日、六甲山のゴルフ場の横を通ると、「ギーッ!」とか「ケーッ!」
とかいう鳴き声が聞こえて来たのを思い出します。
一人で歩く霧の山道では驚愕の響きでしたが、その姿を見たかったです。

(♂)

羽のどの部位も美しい…

写真提供:小久保 雅之
撮影:2015年3月下旬 東京都・浅川

野鳥コーナーが充実していっています!

キンクロハジロの群

release Dec.2014

snowman

トピックス
このところレトロ建築 大阪版の記事を追加しています。
そもそもの建物取材のスタートは昼間だったのですが、ある勤務後
それぞれの建物があかりの使いかたを工夫していることに気づき、魅了されました。

あちこちのWebで楽しめるレトロ建築を見て気づいたのですが、夜の姿があまり
撮られていません。そこで、都合のつけられる勤務帰りに夜の撮影をしています。
この画面右下メニューにある建築物群の夜景のほうも、是非お楽しみください。

ダルポンピエーレ

かつて楽しんでいた神戸旧居留地の建築物めぐりのほうはフィルムですので、
いずれデジタルで撮り直してアップしようと思っています。
今しばらくは、大阪バージョンをお楽しみください。

release 2014/7/6
ニコッ! ガンダムラピートNeo Zeonの記事リリース!Neo_Zeon

太陽と魚海の中で…
友だちが海で撮って来た写真をくれました。
またいつか余裕ができたらタンクを背負って潜ろう!って気になるなぁ。
それにしても、綺麗なシーン。腕が良いね!

イトマキエイかオニイトマキエイ(マンタ)どっちかな… ほっかむりしているのね タイマイ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional